家づくり

朝 トイレ 取り合い

正直なところ、おうちに1つだけトイレがあれば良いという意見もたくさんあります。

  • 建築費用が増加してしまうから
  • トイレがなければ、別のスペースとして使える
  • 掃除が手間になるから

一番多い意見は、費用の増加です。

もし、2階にトイレがあれば忙しい朝に争奪戦は起こりません。またお腹が痛くなった時や、ウイルス感染時の使い分けにも助かります。

ただ一方で、建築費用が上がり、掃除も手間に…。清潔を保てないと虫が侵入・発生する可能性も高くなりますよね。

理由はさまざまですが、トイレは後から増設するとそのほうがコストがかかります。

結論を言うと、2人以上子どもがいる家庭(4人家族以上)は、トイレは2つあったら間違いなく便利です。

逆に、夫婦のみ(2人家族)や、子どもが1人だけの家庭(3人家族)の場合は、トイレは1つだけでも足りるかもしれません。

この記事では、2階にトイレを設置するデメリットとメリットについてご紹介します。

記事を読めば、あなたの家庭には2つトイレが必要かどうかわかります。

【悪い点】新築にトイレを二つ設置するデメリットは?

まずは2階にトイレを設置するデメリットをご紹介します。実はデメリットもいくつかあります。

  1. コストがかかる
  2. 維持費が倍かかる
  3. 掃除の手間が増える

①コストがかかる

2階トイレの設置費用は、配管の問題などにより、1階に設置するより割高になるのが一般的です。ここでは、2階トイレの設置費用の目安を見ていきましょう。

設置費用は50~100万円が相場

2階にトイレを設置するコストは、設置場所や家のつくりによっても異なるものの、50~100万円程度が費用の相場とされています。

1階トイレの真上にあれば費用を抑えられるなど、配管の繋ぎやすさによってもコストが異なるため、事前に施工会社と打ち合わせをしておくことが大切です。

増築せずに新設・増設する場合の費用

トイレの設置に必要な広さは、0.4~1畳程度とされています。

そのため、居室の押入れやクローゼット、階段上の踊り場などのスペースを利用することも十分可能です。

床面積を変更することなくトイレを新設する場合、費用相場は40~100万円です。

ただし、配管が遠いなどの理由で工事が大変になる場合は、100万円を超える可能性もあります。

増築工事を伴う場合の費用

既存のスペースを利用できず、新たに増築してトイレを設置する場合は、1畳程度の広さであれば、費用相場は70~200万円です。

ただし、収納を追加する時や、2階以上で配管工事に手間がかかる場合などには、さらに高額になることもあります。

②維持費が倍かかる

トイレスタンプなど、トイレ用の消耗品の購入が2倍になります。

電気便座をONにしていると1日で10円ほど光熱費がかかります。もし40年つけていたら14万6,000円の電気代になりますね。

また、スリッパやトイレマット、便座カバー、掃除用具など2か所分買う必要があります。スリッパやトイレマットを季節ごとにこだわって変更する場合もあります。

狭い空間だからこそお洒落な備品で飾り楽しみたいですよね。

トイレが2か所あることでトイレ用品を2セット揃える必要があります。出費が増えます。

③掃除の手間が増える

トイレ掃除って汚いしイヤですよね。共働きが普通の時代。毎日掃除も難しいので、汚れがたまりやすくなります。

トイレがひとつ増えるとトイレ掃除の手間が増えます。

お客様用と家族用と決めていると便器が汚れる心配もありませんし、備品もたまに補充する必要があるかもしれませんが、やはり定期的な清掃などの手間を掛けないとトイレを清潔に保つことはできません。

トイレが2つだと1週間に10分ほど掃除時間が増えます。大掃除も30分ほどかかりますね。

【良い点】新築にトイレを2つ設置するメリットは?

まずは2階にトイレを設置するメリットをご紹介します。生活をイメージしながら確認してみてください。

  1. トイレの取り合いが減る
  2. いちいち一階まで行かなくても良い
  3. 大勢の来客時に使いやすい
  4. もしトイレが詰まっても慌てなくていい

①トイレの取り合いが減る

朝はとにかく時間がありませんよね。

特に全員の生活時間が同じ場合ですね。トイレに行く時間がかぶっちゃってイラっとすることもあるでしょう。女性だとトイレが長くなる時もあるじゃないですか。

そういう時も2つトイレがあれば解決です。

トイレが2か所あることで朝急いでいる時間帯など家族同士でのトイレの競争がなくなります。

胃腸の調子の弱い家族や朝必ずトイレに入って新聞を読む習慣のある家族がいる場合は2か所設置することをお勧めします。

家族みんなが利用するトイレは、複数あると朝のラッシュ時はとても有効活用できます。

②いちいち一階まで行かなくても良い

たとえば、2階で就寝中にトイレに行くたくなっても、寝室からのアクセスが良いので夜中も安心です。

また1階にトイレがあると、庭からのアクセスがいいことが意外なメリット。

外でBBQをしたり、子どもを遊ばせたりしているときにトイレに行く際、わざわざ2階に上がらなくて済むのでラクです。

1階と2階の2か所にそれぞれの階にトイレがあると階段を利用せずにすぐにトイレへ行くことができます。

夜間トイレに行きたくなった時、暗い中階段を利用し降りて行かないといけません。きちんと覚醒していないため、転倒転落の危険リスク回避もしなければいけません。

お年寄りや小さなお子様がいる家庭などでは、特に危険が伴いますのでリスク管理が必要です。

また、高齢者は、トイレが近くなります。

階段の登り降りの負担があると足腰がだんだん弱ってきている高齢者にとっては転倒転落リスク危険状態ですので、将来の老後の生活設計も考えて間取りや配置の考慮する必要があります。

③大勢の来客時に使いやすい

ホームパーティとか、お互いの両親が集まる子どもの誕生日などですね。さすがに家に10人くらい人がいるとトイレが2つあった方が助かります。

二階にトイレがあることで、知人や友人が訪ねてきた場合や、宿泊時にも一階は来客用と分けることよって、気兼ねなくトイレが使えるメリットがあります。

中には、トイレの音が聞こえるのが嫌だという方もいると思いますので、そのような場合でもメリットを感じるでしょう。

家にお客さんが来た時、トイレの前でバッティングし気まずい思いをすることもあるでしょう。お客さんと家族に気を遣いながらなど色々あります。

トイレと客間が隣り合わせで音が聞こえるや様子を伺いながらトイレを利用する必要がある場合などは、気兼ねなく利用できるもう一つのトイレがあるととても安心できます。

不安や心配をする必要がありません。

④もしトイレが詰まっても慌てなくていい

我が家の一階のトイレが詰まった時、ラバーカップが使いこなせなくて一日放置したことあります。

この時は二階にトイレがあって助かりました!

タンク式とタンクレストイレを設置しておけば、災害のときにリスク分散になる

タンクレストイレは手動で排水はできますが、タンクがないので水を溜めておけません。

その点、従来型のタンク式トイレも設置しておけば、電気がとまってもいつも通りの操作でカンタンに使うことができます。

メインのトイレをタンクレストイレにするなら、もう1つはタンク式のトイレを設置しておけば、万が一の非常時にリスク分散になります。

【まとめ】新築を建てるならトイレは2つあった方が便利!

3人家族なら2つのトイレは必要ないかもしれません。でも4人家族なら設置すると便利です。

トイレ用の手洗い水道や収納もつけない、超シンプルトイレにしておけば、費用も安く、掃除もカンタンでオススメですよ。

トイレは2つあるととても便利です。家族が多い場合2つあることで朝のトイレラッシュもスムーズにできます。

また、来客時に、トイレが2つあることで気兼ねなくトイレへ行くことができます。最近、寝室を2階に作る住宅が多いでしょう。

トイレが2階にあれば寒い時期、夜中に階段を下りる必要もなくなります。

【無料見積もり】迷ったら一括で見積もりを取るのが賢明!

「トイレがあればトイレ用品の収納も必要。」

「手洗い場をどうするか。」

「タンク式にしてトイレの中で手を洗うのかも。」

考えることが盛りだくさんですよね…。

複数のハウスメーカーや工務店から無料で間取りを作成してもらえるサービスがあります。間取りの一括請求サービスです。

現在、2階トイレのある間取りを希望しているのなら『2階トイレのない間取り』を希望しましょう。

2階のトイレはメリットとデメリットの両方があります。家族が4人以上なら設置を検討する価値がありますが、3人以下なら役立つ場面は減ります。

また家が小さければトイレを居住空間・収納にした方が住みやすくなりますよね。

理由はさまざまですが、トイレは後から増設するとそのほうがコストがかかります。

詳しくは以下の【無料の間取り一括請求サービス】ご覧ください。